TOP > 研究室紹介TOP >環境・エネルギー

環境・エネルギー

■ エネルギー事象分野 伏信研究室
■ 熱物理工学分野 野崎研究室大河研究室
■ 環境熱工学分野(炭素循環エネルギー研究センター) 花村研究室
■ 地球環境調和分野(炭素循環エネルギー研究センター) 平井・笹部研究室

エネルギー事象分野 伏信研究室 (准教授 伏信一慶)


准教授 伏信一慶

T2R2 

燃料電池やレーザ応用、電子機器・デバイスなど、最先端機器開発・実装の基礎について、エネルギー、熱の視点からの教育・研究を行っています。

熱物理工学分野 野崎研究室 (教授 野崎智洋)


教授 野崎 智洋

T2R2 

熱工学,反応工学,材料工学,プラズマ理工学をベースに,環境・エネルギーに関する研究・教育を行っています。次世代太陽電池の開発,天然ガス有効利用のための環境調和型反応プロセスの開発,そのために必要となる機能材料開発など,機械工学を基盤とした異分野融合研究および教育を推進しています。

熱物理工学分野 大河研究室 (准教授 大河誠司・助教 宝積勉)


准教授 大河誠司

T2R2 

熱物理工学研究室では、エネルギーの有効利用を目的とした蓄熱に関する研究を主に行っています。蓄熱には水や岩石の顕熱を利用する顕熱蓄熱法と物質の相変化を利用する潜熱蓄熱がありますが、当研究室では、後者の潜熱蓄熱に関する研究を行っています。

環境熱工学分野(炭素循環エネルギー研究センター) 花村研究室 (教授 花村克悟)


教授 花村克悟

T2R2 

当研究室では、次世代高効率発電システムの開発や化石燃料の改質など、CO2排出量削減を目指した幅広い研究を行なっています。

地球環境調和分野(炭素循環エネルギー研究センター)
平井・笹部研究室 (教授 平井秀一郎・准教授 笹部崇・助教 植村豪)


教授 平井秀一郎

T2R2 

当研究室では、地球温暖化をはじめとするグローバルな環境エネルギー問題を対象として、化石燃料の利用を前提とした二酸化炭素(CO2)排出削減技術に関する研究を行っています。特に、燃料電池、CO2地中隔離、原油増進回収、リチウムイオン二次電池について、熱流体工学を基礎として、実験と数値シミュレーション、さらには、(軟)X線可視化技術、磁気共鳴イメージング(MRI) やレーザー計測などのミクロ/ナノ計測を駆使した研究を行っています