TOP > 研究室紹介TOP >生体工学,医用・福祉機器

生体工学,医用・福祉機器

■ 生体システム学分野 伊能研究室
■ 生体情報システム分野 中島・宮崎研究室
■ 生体機能工学分野 八木研究室
■ ヒューマンセントリックデザイン分野 土方研究室

生体システム学分野 伊能研究室 (教授 伊能教夫・助教 木村仁)


教授 伊能 教夫

T2R2 

当研究室では、生体システムの巧妙な仕組みを探るために機械工学的観点から総合的に研究を行っています。また生物的特徴を有するロボットシステムの開発を行っています。

生体情報システム分野 中島・宮崎研究室 (教授 中島求・准教授 宮崎祐介)


教授 中島求

T2R2 


准教授 宮崎祐介

T2R2 

当研究室では、人間などの生体の原理を力学的視点から解明し、その成果を工学として応用する研究、および機械工学的手法を基軸に医学や心理学的手法を融合させることにより、人間をモデル化する研究を行っています。 そのため、力学シミュレーションモデルの開発や生体を模倣したロボットなどの開発,人間の構造や運動から感覚や感性までの機能を観察・モデル化し、人間にとって安全で快適で有用なモノ・コトづくりへの展開を目指しています。

生体機能工学分野 八木研究室 (准教授 八木透)


准教授 八木透

T2R2 

当研究室は,ヒトの脳,神経,視覚,生体信号,などに着目した医用生体工学研究(神経工学)を行っています.細胞や膜タンパク質というマイクロ・ナノレベルから身体というシステムレベルまで,様々なアプローチ方法で神経科学・生理学の知見を工学へ応用し,次世代の医療機器・福祉機器の開発へ結びつける研究を行っています。

ヒューマンセントリックデザイン分野 土方研究室 (准教授 土方亘)


准教授 土方亘

T2R2 

当研究室では、メカトロニクス技術をベースに、”人の能力を補助・向上し、高い生活の質を実現する機械システムの創造”を目標に研究を行っています。現在は体内へのワイヤレス給電システム、体内エネルギーハーベスティング、人工心臓のインテリジェント化技術を開発しています。